hariport

haripo.com

学生生活が終わってしまった。ずいぶん長いこと学生をやってまいりました。

受験をやったり論文を書いたりしたが、学生として特段優れた成果があるわけではないので残念だ。 積極的にイベントの参加や開発物の公開をしたのは、研究室に配属されてからのわずかな期間でしかなかった。 それまでに開発したものは大抵お蔵入りさせており、もったいなかったなと思う。 時間の使い方が下手なので後悔が尽きない。

4 月からエンジニアとして働く。 10 年あまり続けていた趣味(または学業・アルバイト)プログラマが職になるときがやってきた。 プログラマとしての能力に不安はあまりなく、 今までにない高い水準で同年代のプログラマが集められた環境に身を置くのは、楽しみでもある。 しかし志望分野は開発ではなく解析系であるので、開発に加え統計や機械学習の知識が求められる。 この点では劣っていると思われるので、不安である。

不安あれど、これからはプロとして能力を試されることになるのだろう。 劣等感は感じるし承認欲求も強くあるし、同期に負けたくないと思うが、努力を継続させるのが苦手である。 なんとか意識を高く保ち続けていきたい。そして腐らずにやってきたい。

マンダラート(http://heart-quake.com/?p=934)でも書いてみるかな。