読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hariport

haripo.com

インターン行った

インターンシップの Data Analyst コースに参加しました。

密度高く学んだ 2 週間だった。

学び1. データ解析とはなにか

いままで研究室でやってたことはデータ解析じゃなくて機械学習だったのか!って気づきました。 ちゃんと基礎統計しっかりやって変数選択したりモデル構築したりする意識が完全に欠けていた。

学び2. 解析ツール・言語の強さ

基本的に C++Ruby でプログラムを書くことが多く、Python, R には苦手意識がありました。 というか自分で手法を実装してなんぼのもんやろといった気持ちがあったのですが、 データ解析の現場において R を使いこなす人の強さには舌を巻かざるを得なかったです。 ライブラリ資源が揃ってる言語はやはり便利でした。

言語以外でも今回 Jupyter (iPython notebook) とか scikit-learn も初めて使いましたし、 Tableau も初耳でした。 Tableau を使いこなして基礎集計をばんばんやっていくのすごかった(こなみ)。

学び3. 開発スキルの使い道

web 開発でアルバイトをしていることもあって、 データ解析で web 開発のスキルが役に立てられないかと考えていましたが、 web フロントエンドの知識でも解析の現場で有用だということが分かりました。 たとえばデータの可視化を試みた時に、 d3.js を扱うことができればインタラクティブな ビジュアライズができるようになります。

以上、学んだことを簡単にまとめました。 本当はもっと多くのことを学びましたし、 それ以上にデータ解析の楽しさや苦しさ、チームやメンターの方々に対する感謝反省など書くべきことはたくさんありますが、 インターンを終えて早くも半月が経ってしまいましたし、このへんにしときます。