hariport

haripo.com

Unity 週末ブートキャンプ参加しました

Unity 週末ブートキャンプ参加しました。

Unity 週末ブートキャンプ とは

コロプラの 1day インターンです。

colopl.co.jp

当日に組んだチームで、その日のうちにゲームを完成させます。

ブートキャンプ

短期間で開発するイベントは過去にも参加してきましたが、 Unity 週末ブートキャンプはハッカソンイベントと違って「ブートキャンプ」でした。

ブートキャンプ (Boot Camp)とは、アメリカで「新兵訓練施設」を意味する口語表現である。転じて新兵に対して行われる教育・訓練プログラム(新兵訓練)自体を指すようになり、さらには軍隊式トレーニング全般を意味するようになった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97

Unity のトレーニングなわけです。 もちろん当日は午前からゲームを開発し続けるのでプログラミング能力は前提ですし Unity について 1 から教えてくれるわけではありません。 しかしあらかじめ Unity のチュートリアルで予習して 1 歩目を踏み出しておけば、 メンターとして参加される社員の方々にいつでも質問できる環境の中、ゲーム完成まで高速に学習することができます。 Unity 自体の作りやすさも相まってめっちゃ楽しい。

他の参加者のレベルが高かったので最初は焦りましたが、 私のように「他の開発経験はあるけど Unity は初めて」の人が一番楽しめると思います。 もちろん Unity 経験豊富な人もチーム開発や企画で学び、楽しめます。 特にゲーム企画の面ではかなり考えさせられましたし、他のチームの発表を聞いて刺激を受けました。 ゲーム開発を志す学生が集まる点でも貴重です。

成果

3D アクションパズルゲームを作りました。 ゴール地点に立つ女の子を振り向かせることができればゴール。

こちらから遊べます http://unitybootcamp2015teamd.github.io/Onomatope/Builds/Builds.html

矢印キーでプレイヤー(ボール)を転がして操作します。 実はただの玉ころがしでなはく、左下の擬音語ボタンをクリックすると擬音語に対応したギミックが起動します。

f:id:harip0:20151214162109p:plain

擬音語が 1 回しか使えないのがポイントで、 「ゴォン」という擬音が発生すると以降「ゴォン」は使えなくなり、 必要なギミックが動かせなくなります。

ボールの落下音でギミックが発動できなくなる例 f:id:harip0:20151214162453p:plain

上にリンクしたのは後日リファクタリングと改善を行ったバージョンで、 当日発表したバージョンではバグが残っておりクリアまでデモンストレーションできませんでした。 ギミックを 1 つ減らしてでも手堅くまとめたほうがよかったですね。

過去の経験上、即席チームで開発するとお互いに納得できるアイデアを作るのが難しいのですが、 今回のチームメイトは私のアイデアに賛同してくれたのでありがたかったです。 彼は Unity 経験があって、技術的に助けられることも多々ありました。 ありがとう!

まとめ

たった 1 日のイベントでしたが開発、企画と多くを学び、濃密な時間を楽しむことができました。 コロプラ様、そして参加者の皆さまありがとうございました!